民間保育園児の車内置き忘れ死亡事故は行政の問題と言うより人間性の欠落である!

 福岡県中間市にある認可保育園の私立双葉保育園で送迎バス内にいた園児の倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)=同市=が熱中症で死亡した事件で、県と中間市は2日午前、事故の原因やバスの運行状況など園の安全管理態勢を調べる特別監査に入った。園関係者から事情聴取し、問題が確認された場合は是正を指導する。

 

 園側の代理人弁護士や市などによると、40代の女性園長は事件があった7月29日、運転手として1人でバスに乗車し、冬生ちゃんの降車確認を怠り、職員間の連携が不十分で出欠の情報共有もできていなかったとみられる。園には23人の保育士がおり認可保育園の配置基準は満たしていたが、運転する園長だけが乗車していたことが常態化していたとみられる。

 

 一方、送迎バスの運行は公費補助の対象ではなかったため、行政側の監査項目に入っていなかった。事態を重く見た県と市はこれまでの経緯や職員を同乗させなかった要因も調べる。園は送迎バスの運行を当面見合わせる方針。

 

 一方、中間市に隣接する北九州市では7月30日、児童の安全管理の徹底を求める通知を市内の各保育所に出し、県も市町村を通じて同様の注意喚起をした。

 

 園では2日朝、子供を送り届ける保護者の姿があった。園の送迎バス運行中止で、保護者は自家用車で子供を預けに来ていた。ある母親は「事件が起きたことで、今後も預け続けていいか不安を感じている。転園も検討している」と話した。【中里顕、奥田伸一】

 

 

これ「園長1人運行、常態化か 送迎バス5歳児死亡 福岡県が特別監査」と題した毎日新聞 2021/08/02 11:37の配信記事ある。

 

 

こう言う事故が起こる度に、行政のとる手法はいつも同じである。

必ずや「こう言う事を二度と起こさないために」との合言葉に全国の行政を通じて注意喚起が行われる。

それは正にその通りなのだが、問題はその趣旨にある。

我々国民はその報を聞く度に、「こう言う事故を二度と起こさないために」行政側が真摯に対策を考えるのだろうと思うのだが、実際の当事者の思いは全く逆である。逆であるとは少し言い過ぎかも知れないが、それも勿論あるだろうが本当は起こしてもその責任の所在にウェートが置かれている。確かにその事故を起こすことは良くない事だが、問題はそんな事よりその事故の責任は誰にあるか誰にまで行くかと言う事と、その責任はどこまで波及するかと言う事である。つまり最終責任者はどこまで行き誰が負うかと言う事である。半官半民の形態の事業体はいつもそれを考えて行動してると言った方が正直だ。

それの回避のための半官半民の職員は天文学的才能を発揮する。普通の人間は起こした事を悔い一生心の傷として残るのだが半官半民の職員たちは最終責任者が決まれば、その者に全てをなすりつけ、最終的には忘れようとするらしい。全ての半官半民の職員たちがそうだとは言わないが、概ね正しいと言えるのではないだろうか。今回に限れば本当に考えられないミスである。何故なら迎えに行ったその本来の仕事を終えようとするとき、車にカギをかけようとするのなら、車内に忘れ物がないか、何か無いかとか見て確かめてからカギをかけるのが、どんなズボラな人間でもやるのではないだろうか? それをしなかったと言う事は正に普通の人間ではないと言う事になる。だとするなら正に人間性の欠落であると言えよう。

何度も「ポスト宰相」に挙げられつつ今一つ前に進めないのは中身のない小泉純一郎元首相のDNAを引き継いでいるからだ!

「プラスチックの原料って石油なんですよ」

「30年後の自分は何歳かな」

「瀬戸内海のごみで、国産スニーカーを製造したら」

 

 あれやこれやの迷言(名言?)を集めた「まとめ記事」が、ネット上で大賑わいの小泉進次郎氏。ほんの少し前までは「総理になってほしい政治家No.1」の呼び声も高かったが、2019年9月、安倍晋三内閣で環境大臣として男性最年少入閣(当時38歳)を果たすと、さっそく迷言が飛び出していた。いわく「気候変動のような大きな問題は楽しく、かっこ良く、セクシーであるべきだ」???

 

 ***

 

議員になる前にすでに「迷言」が

 

 2009年8月、衆議院選挙で民主党が圧勝。それが3年3カ月にわたる自民党下野時代の始まりだったが、この時、初当選を果たしたのが、当時28歳の小泉進次郎氏だった。

 

 写真はその年の5月、父・純一郎氏の引退を受けて出馬する3カ月前のレア・ショットである(2019年1月、週刊新潮別冊「さよなら平成」掲載)。くたびれたインナーにブレザー、ジーンズ、「全身ユニクロ」といったファッションにネックレス、ビニール傘、手にした携帯はガラケーと思われる。バイト先へ急ぐ非正規の若者といった風情だが、この夜、彼が向かったのは自宅近くのステーキ店だった。

 

 議員になってからの華々しさなど微塵も感じ取れないが、その「弁舌」が巧みなのは当時からのようだ。記事にはこう書かれている。

 

〈「ETC割引が千円になった」

 

「遠出するなら電車よりも車が得だ」

 

 と、ワイングラスを片手に党の景気対策を知人にプチ自慢。元首相の御曹司とはいえ、初出馬を前にのんびり肉など食っていていいのか心配になる〉

 

 後に「気候変動」のような「大きな問題」を国際サミットの大舞台で論じるようになる進次郎氏だが、このときは横須賀の“あんちゃん”に過ぎなかったのである。何しろ、話は「とても小さかった」のだ。

 

 国政選挙は、進次郎氏にとっても初めての経験。上手に演説できるか、周囲は気を揉んだそうだが、選挙戦も中盤に差し掛かると、〈澱みなく言葉が出て、アドリブさえ交えるようになった〉という。記事では地元支援者の、「進次郎は、我われが助けなくても勝手に成長していく」とのコメントも紹介していた。

 

自民党大逆風の中で

 

 投票のひと月前には、新人4人の候補者によって公開討論会が開かれている。この時、民主党から出馬した弁護士の横粂(よこくめ)勝仁氏は、同記事で次のように証言している。

 

「(進次郎氏は)イントネーションを変えたり間を取ったり、彼は聴かせて魅せる、含みのある話し方ができていた。勝てると思っていた討論で全然勝てなかった。見た目も爽やかで弁まで立つ。この時、将来、日本の政治の中心に立つ人だと思いました」

 

 前述したように、この選挙で自民党は大惨敗。神奈川県内の18小選挙区を見れば、わずか3議席しか獲得できなかった。それほど厳しい選挙だったが、その中にあって進次郎氏は圧勝している。ちなみに進次郎氏以外の当選者は現・首相の菅義偉氏と、現・行政改革担当大臣の河野太郎氏だった。

 

 その後の進次郎氏の活躍は、誰もが知るところ。その言動は何かといつも注目を集め、自民党青年局長などの要職にも就いてきた。「弁舌」はますます冴え、2017年10月には4選。「ポスト安倍」として名前が挙がる常連にまでなっていた。

 

 進次郎氏が絶頂期にあったのは、2019年なのだろう。その年9月には環境大臣に。フリーアナウンサー滝川クリステルさんとの結婚を発表したのは、前月のことだった。そして年が明けるとすぐ第1子が生まれるなど、公私ともに順風満帆だったのである。

 

 どうやらそのあたりから、風向きが変わっていたようだ。「弁舌」で培った信頼を「弁舌」で帳消しに、といったところか。

 

 

これ「小泉進次郎 出馬前のレア・ショット 順風満帆な彼に何が起こったのか?」と題したディリー新潮 2021年5月11日掲載の記事である。

 

 

政治家(職業議員や政策立案能力の無い議員は政治家とは言わない)としてはほど遠かったと思われる進次郎議員であるが、そんな彼がどうしていつも下馬評に上がるのか私には解らない。多分親父小泉純一郎元首相の息子だからと理解する。その親父だってバカの一つ覚えの「郵政民営化」を壊れたテープレコーダーの如く叫んでいただけで、常に考え話している事は、国会議員の仕事(国民の幸せのための政策立案)等一度も話さず、唯話すのは下世話な女の話しか聞いた事が無いと複数の国会議員の証言がある。そんな男の息子である、話すの聞けばさも知ったかぶりの他の政治家の売り言葉だ。要するに政治問題の耳年増と言った方が良い。彼を祭り上げるマスコミのせいでもあると言わねばならない。

国会の委員会の中継の応答を見聴きすれば良く解る。今見たければyou-tubeで国会予算委員会での質疑応答を見れば良い。

安倍晋三前首相いつまでも批判に晒されるのはやはり安倍家の育ちの現われか?

 安倍晋三前首相(66)の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の収支を政治資金収支報告書に記載しなかったとして政治資金規正法違反(不記載)と公職選挙法違反(寄付の禁止)容疑などで告発され、不起訴(容疑不十分)処分となった安倍前首相について、東京第1検察審査会は「公選法の不起訴は不当」と議決した。

 

 安倍前首相の地元・山口県下関市では、検察審査会の判断に賛否の声が上がった。

 

 市内の無職女性(86)は「何か問題があるから不起訴不当になったのだと思う。お父さんの代から応援してきたが、安倍さんは問題が多くてもう支持できない。再捜査するなら徹底的にしてほしい」と話す。会社役員の男性(70)も「安倍さんを支持した人を優遇し、接待する場と化していたのが『桜を見る会』の実態だ。安倍さんが補塡(ほてん)を知らなかったはずはなく、まさしく寄付だと思う」と述べ「審査会の判断を受けて、検察は全体像をしっかりとらえて判断すべきだ」と語気を強めた。

 

 一方、「桜を見る会」に呼ばれた経験のある会社社長の男性(61)は「検察にも呼ばれて何度も説明したが、会費は料理の割には高すぎると感じた。事務所の補填を聞いた時は驚いたが、周囲の誰も寄付や供与を受けたなんて思っていなかった」と強調。「審査会が判断したのなら、もう一度しっかり捜査すればいい。それで終わりにしてほしい」と続けた。

 

 県政界の反応もさまざまだ。自民党県議は「もう一回、捜査するというならそれを待つしかない。秋の衆院選に影響がなければいいが」と憂慮し、共産党の県議は「このまま終わるようでは市民、国民を冒とくしているとしか思えない。今回の決定には司法、検察の姿勢が問われている」と話した。【大坪菜々美、林大樹】

 

 

これ「安倍晋三氏の不起訴不当に地元賛否 衆院選への影響憂える山口県議」と題した毎日新聞 2021/07/30 20:26の配信記事である。

 

 

野上忠興さん著書「安倍晋三沈黙の仮面」を見るまでも無く安倍家の特異な政治家家庭の現われかと思える。

昔より自己中心の世界しか知らなかった安倍晋三少年のその生き様がそのまま出た感じである。どんなに説明しても理解は無理と思えるので、この本を読んで頂く事をお勧めしたい。

連日の金メダル 苦しい練習から生まれた結果に貰い泣く

選手すべてが苦しい練習から生まれた結果だと涙ぐむ。

見てるこっちもつい貰い泣いてしまう。

メダルラッシュになればなるほど涙でテレビがかすむ!

恒例の元東大学長佐々木毅さんのコラムの紹介である

 2度目の東京五輪が始まった。いつものことながら、多くの人々はアスリートたちの健闘を大いに楽しみにしている。ほとんどの会場が無観客というのは寂しいものだが、ぜひともスポーツの力を見せてほしいものだ。ただし五輪のような大事業を成功裏に終わらせようとすれば、ホスト側の態勢や判断が試されるのは避けられない。

 1964(昭和39)年の初回の東京五輪はその意味で成功例という「遺産」を日本に残した。当時、大学4年生であった私の知見は極めて限られたものであったが。戦後の日本の復興ぶりを世界に向けて発信するという目的は、社会的に広く共有されていた。秋休みで帰省中だったため、10月10日の開会式は実家でテレビ観戦したが、東京の澄み渡った空は今でも脳裏に焼き付いている。この一大イベントのために、天気も一役買ってくれたような気分になったものである。

 それに引き換え、今回の大会はどう考えても「コロナにかすむ東京五輪」である。あらゆる局面で主役は新型コロナウイルスであり、聖火リレーもままならず、「復興五輪」も「おもてなし」もむなしい掛け声に終わりそうである。大会の1年延期を受け、安倍晋三前首相は「人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しの大会にしなければならない」という新たな目標を掲げたが、現実はそうした目標とは懸け離れている。日本ではまさに感染が再拡大中であり、ワクチン接種で先行していたはずの米国や英国も再拡大に見舞われている。確かなことは、このウイルスとの戦いはいまだに見通しが立たないということである。

 菅政権誕生後、コロナと五輪については二つの選択肢があったはずである。第一は「二兎を追わない」選択である。すなわち、各国がコロナ対策に忙殺されていた昨年から今年にかけて、五輪からの「名誉ある撤退」に踏み切ることであった。安倍前首相の掲げた目標の見直しなどを踏まえ、「人類が団結してコロナとの戦いを優先させるべきだ」とのメッセージを発し、政治家としてのリーダーシップを最大限に活用する道であった。

 第二は五輪開催に踏み切るという選択である。この場合に絶対に必要なのは、決め手となるコロナ対策を手中にしていることである。

 五輪開催までに国民の大多数に接種可能なだけのワクチン量を確保できるかどうか。さらには、自治体などにこの未曽有の接種事業を一定期間内に終える能力があるかどうか。これらについて、どのような見通しが菅義偉首相にあったかは知る由もない。現実には接種スケジュールは遅れ、東京都に4度目の緊急事態宣言が発令される中での、しかもほぼ無観客での開催という最悪の事態に遭遇することになった。このミスマッチは政権に対する支持率の低下としてはね返り、低下に歯止めがかからない事態となっている。

 「コロナにかすむ東京五輪」にさらにダメージを与えたのが、大会組織委員会を巡る「自損事故」の続発である。大会公式エンブレムの盗用疑惑や前会長の女性蔑視発言、開幕直前に明らかになった人権に関わる過去の発言に至るまで、ホスト国としての日本のイメージを著しく傷つけた。組織委は8千人から成る寄り合い所帯ということであるが、五輪・パラリンピック終了後は国会に調査委員会を設け、財務面を含めてその実態を国民の前に明らかにすべきである。

 「コロナにかすむ墓只五輪」になった結果、五輪・パラリンピック後の日本社会が目標を失ったり、

燃え尽き症候群のような状態になったりする心配はなくなった。目の前で感染再拡大が続く中、いつまでも五輪気分を引きずる国民はそう多くないはずである。むしろ、社会の目線をコロナ後に合わせ、この感染症によってむき出しになった社会の断層や政策課題などにいち早く取り組まなければならない。

 折しも、今秋の衆院選と来夏の参院選というように国政選挙はめじろ押しである。世の中、何事も使いようである。「コロナにかすむ東京五輪」も使い方次第である。 (元東大学長)

 

 

これあるローカル新聞に掲載された元東大学長の佐々木毅さんの2021.7.28の「コロナにかすむ東京五輪  佐々木 毅」と題したコラムである。

 

 

私が一番尊敬してる佐々木毅さんの記事である。

昨日の朝の羽鳥慎一モーニングショーでの長嶋一茂さんには再認識した

私の時代の長嶋茂雄王貞治はヒーローだった。

その中で私と誕生日が同じな王さんは特に好きだった。少し頑固だけれども気遣いの王と言えるくらいの人間性は、誰にも好かれたと私的には思っている。それに比し長嶋さんにはおっちょこちょいの新人類としか抱いてなかった。何故なら野球以外の見識に疎いと言うかその単純性に嫌悪しか抱いていなかったように思える。その息子の一茂さんも同類といつも思っていた。だから彼の出るテレビはアホ臭く敬遠してたといって良い。それがこの2020東京オリンピックである。たまたま競技の結果を見たくてテレビ着けたら一茂さんだった。いつもだったらチャンネル替えるのだが、結果優先だったのでそのまま聞いていたら、私の思っていた長嶋一茂ではなかったのである。流ちょうにそれなりの比喩も使い適正に競技結果を報告してた。ビックリした思っていたイメージと180度違っていたからである。私は思った親のDNAは引き継ぐはずなのにと。だが良く考えるとそうか母親のDNAもあったかと思った。

確かに彼の母親の亜希子さんは才女だったから当然だ! 正にこの一茂さんは母親からの優勢遺伝だけをもらったのだ!(笑い)

体操男子団体総合金成らず!残念だったが良く頑張った!銀おめでとう!!

 

正にハラハラドキドキの連続だった!

最後までロシアは強かった。

最後の鉄棒で、中国を逆転し、後数点で金だったが、ロシアオリンピック委員会ROC)の安定性に完敗だった。

それにしてもロシアが国名の名乗りを許されず、暫時国名ロシアオリンピック委員会とされてたのには違和感を持ってたが、良く調べて見れば以前にドーピング問題で引っかかったのが原因で、2022年までロシアとの表記を許されず暫時国名ロシアオリンピック委員会とされた由。なので選手たちは国の代表と言う訳ではなく、あくまでも個人での出場だった。そのためのロシアオリンピック委員会ROC)と言う事らしい。東京オリンピック唯一の悲しい出来事だった。