恒例のローカル新聞での元東大学長佐々木毅のコラムを紹介する

 参院選が始まり、争点を巡って興味深い傾向が見られるようになった。当初、ロシアのウクライナ侵攻を受けて安全保障環境の厳しさとそれに対応するための防衛費の倍増などが中心テ-マと考えられていたが、相次ぐ値上げ報道を受けて物価問題が急浮上しつつある。一部の調査によれば、政府の物価対策に対する評価が岸田政権に対する支持率に影響を及ぼし始め、そこで政権はいささか慌て気味に政府に物価対策本部を立ち上げたようである。今年は猛暑の予想もあり、それはエネルギー価格の問題を直撃し、参院選は。天候をも巻き込みながら、久しぶりに物価問題で熱くなりそうである。

 「物価の上昇は困る」という議論は高度成長期を含め、珍しいものではない。私の印象では、高度成長期を含め、「物価の上昇は困る」と言いながらどんどん成長したのがかつての日本の姿であった。物価の上昇といっても上昇するのが何かによって持つ意味合いが全く違ってくるし、困るのは誰かによっても違ってくる。また、短期的処方箋を考えるか、長期的戦略を考えるかで話は全く違ってくる。こうした違いが区別されることなく過度に単純化されるのが選挙の現実であるとすれば、有権者の読解力が頼りである。

  周知のように、今の物価問題は日本だけの問題ではない。米国や欧州諸国では数十年ぶりの大インフレ問題であり、各国中央銀行はインフレを食い止めるため利上げに躍起になっている。この大インフレの原因はさまざまであるが、一つにはコロナ禍による経済活動の世界規模での未曽有の分断とそこから「正常への復帰」のための調整コストと考えるが、との調整コストをさらに高くしたのがウクライナ侵攻であり、大規模な経済制裁はこのコストを高めつつある。かくして各国においてインフレ問題が最大の関心事となり、ウクライナ問題は片隅に追いやられることになりかねない。

 そして欧州では物価高騰に反対するデモやストライキが広がり、当然、それは政治的結果につながる。先日行われたフランスの国民議会総選挙では、マクロン大統領の中道派が大きく議伸ばした。米国ではバイデン大統領に対する支持率がさらに低下し、秋の中間選挙は同政権にとってますます厳しいものとなりそうだ。ウクライナ問題に対する米国民の関心はインフレ問題の前にすっかり影が薄くなってしまった。

 

 そして欧州では物価咼騰に反対するデモやストライキが広がり、当然、それは政治的結果につながる。先日行われたフランスの国民議会総選挙では、マクロン大統領の中道派が大きく議席を減らし、それに代わって急進左派と極右とが大幅に議席を減らし、それに代わって急進左派と極右とが大幅に議席を伸ばした。米国ではバイデン大統領に対する支持率がさらに低下し、秋の中間選挙は同政権にとってますます厳しいものとなりそうだ。ウクライナ問題に対する米国民の関心はインフレ問題の前にすっかり影が薄くなってしまった。 さらに注目すべきは、途上国の一部においては物価の高騰にとどまらず、‐食糧危機と飢餓が眼前に迫っていることである。これは小麦の輸出大国であるウクライナからの輸出がロシア軍による黒海ルートの封鎖によって事実上途絶したことに起因しているとされている。ここに至ってウクライナ侵攻は世界の人道危機との関連で議論しなければならなくなったが、ロシアと先進7力国(G7)は互いに責任は相手側にあると主張している。このまま放置しておけば政治的混乱が世界中に広がり、収拾のつかない事態になりかねない。多くの国々の経済的困難はいや応なしにロシア、北大西洋

条約機構(NATO)双方にウクライナ問題の解決を促す要因になろう。

+ 確かにそれはウクライナ問題の解決を促す要因にはなるであろうが、ロシア、NATO双方にその準備があるようには見えない。ましてや、来年のG7議長国日本に準備があるようには見えない。ウクライナ問題は口シアの石油・天然ガスウクライナの小麦を通して、軍事的衝突から世界の経済的・政治的マネジメント問題に転移したように見える。軍事的衝突が第1幕であったとすれば、明らかに舞台は第2幕へと移りつつある。そして両陣営は飢餓やエネルギーなど広範な課題を巡って競争を繰り広げざるを得ない。日本も世界政治の一翼を担おうとするならば、「NATO並み対国内総生産(GDP)比2%の防衛費を」といった話ばかりではその任に堪えずということになりかねない。まずは開催中のG7首脳会議(サミット)での腕前を拝見しよう。

 

 

これは2022年6月27日のあるローカル新聞に掲載された元東大学長佐々木毅さんのコラムである。

 

 

この記事そのまま読んで頂ければ幸いである。

NHK朝の連ドラ「ちむどんどん」面白いがどーも?

4月13日に拙ブログでこの「ちむどんどん」の感想を書いたが、どーも未だにしっくり来ていない。何故だろう。あの南国特有の生活様式のせいか?

この比嘉家には玄関ないのだろうか? まず違和感の第一の感想だ! 居間続きの縁側みたいな壁の無い住居、また家族全員がそこから出入りし生活してる。とても北国育ちの私には考えられない。高齢になり会社は息子に譲ってはいるが、元住宅設計の仕事をしてた建築士としては考えられない生活様である。だから余計違和感を感じるのか? これが現在も続けられてる沖縄の生活様式なのか?どうもいまいち解からないのである。

大阪での2歳幼児孫放置死亡事件 この祖母は獣以下である!

 大阪府富田林市の自宅に放置された2歳の女児が熱中症で死亡し、祖母と同居の男が保護責任者遺棄容疑で逮捕された事件で、男が調べに「部屋のエアコンをつけ、窓を開けて出かけた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。大阪府警は窓が開いていたことで冷房が利かない状態になり、脱水症状を起こしたとみて経緯を調べている。

 

 祖母の無職の女(46)、自営業の男(50)の両容疑者は、6月29日午前5時頃から午後4時頃までの11時間、女児(2)を自宅に置き去りにしたとして逮捕された。

 

 自宅は集合住宅の3階で、女児は8畳の部屋に置かれた、乳幼児を囲う柵「ベビーサークル」(縦91センチ、横124センチ、高さ88センチ)に閉じ込められていた。室内の冷房は28度に設定されており、捜査関係者によると、男は、冷房と扇風機を稼働させて、窓を開けていたと述べている。窓を開けることで室温が上がったとみられる。

 

 柵は女児の身長より高く、四方には板が張られていたことも判明。風通しが悪くなった可能性がある。そばに飲食物は置かれておらず、府警は、体内の水分が不足して脱水症状となり、同日昼頃に死亡したとみている。

 

 子どもの熱中症に詳しい日本小児科医会の伊藤隆一会長は「体が小さい乳幼児は成人と比べ、水分の蓄えが少なく、脱水症状に陥りやすい」と指摘。「エアコンが稼働していても窓が開いていれば、外気が入り、さらに室温が上昇しやすくなる。夏場に水分補給ができない状態で放置されれば、数時間で命の危険につながりかねない」としている。

 

     ◇

 

 府警は1日、両容疑者を同容疑で送検した。女は調べに「女児の育児で精神的にしんどかった」と供述していることもわかった。2人はたびたび女児を自宅に残して外出していたといい、府警はネグレクト(育児放棄)をしていた疑いがあるとみている。

 

 女児は女の三男(20)の子で、両容疑者は女児のほか、女の四男(15)と五男(5)の計5人暮らしだった。五男は両容疑者の実子で、両容疑者は女児が亡くなった29日、五男を連れて、大阪市此花区ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに車で出かけていたという。

 

 

これ『飲食物置かず、四方板張りのベビーサークルに閉じ込め…2歳女児「熱中症死」』と題した読売新聞 -2022年7月2日7時頃の配信記事である。

 

 

こんな痛ましい事件聞きたくないものである。

随分と若い祖母みたいだが、この50前の祖母、相手の男と言い人間性が透けて見える。

こいつら人間じゃ無い!! 獣以下だ!!

1票の格差是正を数年平均の投票者数の反映で是正する事を望む

 今夏の参院選が6月22日に公され、7月10日投開票に向かい、今その舌戦真っただ中だ!

 思うにこの参議院選は必要か? また立候補者は例の如く政策を選挙民に向かい必ずやる!やらなければならないと皆断定してる! 思うに自ら議員として果たしてそれが実行されるのか?本当に怪しい限りであり、マスコミや選挙民はそれを簡単に甘受してるのが現状である。彼らが当選の暁にはその選挙公約の結果報告をした記憶は皆無である。しかも日本の国会は二院制であり、参議院衆議院カーボンコピーであり、昔良識の府等と言われながらも、参議院議員の程度の低落は甚だし過ぎる。これ等国会の予算委員会中継等を視れば良く解る。こんな議員連中に歳費を含めて1億円/1人も掛けるくらいなら参議院等必要は無いと私的には思う。しかも国会は二院制でありながら衆議院の優位性が確立されているので尚参議院の必要性の説得性は無いと言える。こんな贅沢(?笑い)する位なら、参議院に掛かる費用数百億円、国の社会福祉予算に充当した方がまだ国民に喜ばれると思うが如何か?

 また憲法の平等論であるが、選挙の度に一票の格差が指摘され都会の一局集中のあおりを受け、地方の定員が削減され、大都会の定員が数年毎に倍増に近い位増やされている。確かに人口に比せばそうだと思うが、私的には反対である。大都会程選挙民は政治に無関心であるが故に人口の割に投票率が少ないのである。これは簡単に言えば権利放棄に等しいし、日本国民とは言い難い。これは単に人口に比しての数値であるが実質的には政治に無関心なためのデータと言えよう。私的にはこの無関心住民、権利があるにも関わらず政治に参加しない選挙民、これらの人間の数を一票に換算する事そのものがおかしいのではと考えて次のような提言を一国民としてしたいと思いここに提言した。結論的に一票の格差の是正の選挙民数を選挙の行われた何回かの投票率に反映した投票者数を選挙民数として計算する事を望みたい。

野党から自民に移った細野豪志衆院議員(静岡5区)に議員として人間としての矜持はあるのか?

無所属で臨んだ昨秋の衆院選後に自民党に入った細野豪志衆院議員(静岡5区)が、「自民で戦う初めての選挙」となる参院選応援に注力している。公示日の22日に自民新人の応援に駆け付け、「自分の選挙と思って頑張る」と今後も街頭演説などに顔を出す予定だ。旧民主党政権で環境相など要職を歴任し、選挙も強く、自民にとって天敵ともいえる存在だったが、昨日の敵は今日の友-。自民の一員として存在感を発揮しつつある。

 

22日正午過ぎ、静岡県沼津市のJR沼津駅前。自民新人の第一声に姿を現した細野氏は自民党選挙カーを背にマイクを握り、支持を呼びかけた。過去の国政選挙では自民候補と対決し、政権批判を展開してきただけに、細野氏は記者団に「自民党選挙カーの前で話すのは感慨深い」と述べた。

 

参院選は安全保障問題を含めた安定政権が問われており、こういう形で選挙戦にかかわることができるのは光栄だ」とも語った。一方、昨秋の衆院選静岡5区で大差で下した吉川赳衆院議員(自民を離党)の醜聞については「コメントする立場にない」と多くを語らない。

 

ただ、周囲の自民関係者の視線はなお厳しい。吉川氏を支援してきた地元組織の反発は根強く、「静岡県衆議院支部長」という珍しいポストに就いた細野氏。比例復活して衆院静岡5区支部長を務めていた吉川氏が醜聞で離党したが、空席となった5区支部長は当面、城内実県連会長(衆院静岡7区)が代行することになった。

 

当選8回のベテランながら自民入り後、まだ1年も満たず、「外様」扱いは否めないが「(自民新人を応援する)参院選を全力で戦う。これをやり切ることに尽きる」と細野氏。地盤の静岡5区内で、他の衆院選挙区を圧倒するような自民新人への集票、いわば「細野票」を見せつけることで、党内での存在感アップにつなげようという意図が透ける。

 

参院選初日、自民新人の沼津市での第一声には「細野氏の支持者が大勢来ていた」(自民新人候補陣営)との声も。吉川氏を支援していた人々を中心に地元の感情的な反発が残るが、参院選後の衆院5区支部長就任は時間の問題-との見方が芽生えつつある。

 

 

これ『地方政治ルポ 細野豪志氏「自民で戦う初の選挙、頑張る」 〝外様扱い〟脱却へ全力応援』と題した産経新聞 2022/06/24 07:12の配信記事である。

 

 

普通矜持をもった人間はまして国会議員としては、国政を司る側でありせば、一定程度(1期位)の期間を空け辞職してから臨むのが人間としての行動だと思うが、この方はそうではないらしい。これは選挙民をバカにしてるか甘く見ている証拠でもある。この方は恥ずかしくないのだろうか? この議員だけではない。ここの選挙民も同じ人間としての矜持を問われているのだと言う事を自覚してない証拠でもあるのだ。

今夏の参議院選社民党立候補者だけが憲法改正を最大公約に掲げているが化石の党か?

 

これがNHKがまとめた立候補者のアンケート調査結果だが、今の日本の現状の打破は国政から考えるに、ウクライナ戦争の影響もあり、物価高に国民は苦しんでいるのを何とかするのが国民の代議員たる国会議員の仕事の筈だが、それをあの社民党だけが、空気の読めない憲法改正だ!何を考えているのだこの党は!正にこの期に及んでも未だイデオロギーに狂った化石のような政党と言っても良いのではないか!戦後の2大政党を形成した社会党の後継政党が何でこんな政党になったか解かろうと言うものだ!本当に良く国民は見ている。物価高に苦しんでいる国民をよそに今最大の懸案事項を前に恥ずかしくなく憲法改正だ!と言えるもんだ!(笑い)

先日の沖縄全戦没者追悼式での岸田首相への「帰れ」コールの県民の気持ち良く解かる! かっての田中角栄元首相のような感情的人間は居ないのか?

 沖縄県糸満市で23日に営まれた沖縄全戦没者追悼式で、「基地負担の軽減に全力で取り組む」などとあいさつした岸田文雄首相に対し、会場周辺で式の様子を見ていた市民から「帰れ」「沖縄の声を聞いて」などと抗議の声が飛んだ。

 

 米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への県内移設計画を巡っては、2019年2月の県民投票で埋め立てに反対が7割を超えたが、政府はその後も埋め立てを続け、反対の声が根強い。

 

 追悼式には県が3年ぶりに首相を招待し、岸田首相は就任後初めて参列した。会場周辺では「岸田、帰れ」「沖縄を二度と戦場にさせない!」などと書かれたプラカードを持った人たちが立ち、岸田首相があいさつすると、「沖縄に基地を押しつけるな」「聞く力見せてみろ」などと怒号が断続的に飛んだ。

 

 岸田首相はあいさつで沖縄振興による経済発展や基地負担の軽減について言及したが、辺野古移設については触れなかった。【宮城裕也】

 

 

これ『岸田首相に「帰れ」 市民から抗議の怒号 沖縄全戦没者追悼式』と題した毎日新聞 2022/06/23 18:14の配信記事である。

 

 

以前よりこの拙ブログで何度も指摘して来たが、この岸田首相、総理総裁でありながら話す言葉は流ちょうな立派な日本語で話すが、霞が関官僚に似て、余りにも立派過ぎて実行が伴ってない気がする。何か信用できない印象が先に来る。その私の思いに似て沖縄県民も恐らく言っている事の何分の一も信用できないと思うからの「帰れ」コールだろう。この首相の今後の生きる道は、もう少し心を動かすようなその人の気持ちになった感情の表現の豊かさを前面に押し出し、約束した事は絶対守るとした態度が必要だろう。話し方は下手な「ダミ声」でも相手に訴えるように話したかの田中角栄元首相のように・・・・。