検察が「桜を見る会」の前夜祭問題で安倍前首相を任意で聴取を決意したらしいが、こんな人間状況証拠で立件すべきである‼

桜を見る会」の前夜祭をめぐって、東京地検特捜部が安倍前総理側に対し、安倍氏本人への任意聴取を要請したとみられることが分かりました。

 

桜を見る会」の前夜祭は、安倍前総理の公設第一秘書が代表を務める政治団体安倍晋三後援会」の主催で、安倍氏の支援者らが5000円の会費を払って参加していました。

 

この前夜祭の開催費用について安倍前総理は国会などで、「全て参加者の自己負担」と説明していましたが、去年までの5年間で会費の総額を超過した800万円以上を安倍氏側が補填していた疑いが持たれています。その後の関係者への取材で、東京地検特捜部が安倍前総理側に対し、安倍氏本人への任意聴取を要請したとみられることが分かりました。特捜部は、すでに安倍氏の秘書などから任意聴取をしていますが、一連の経緯について、安倍氏本人にも直接、確認する必要があると判断したものとみられます。

 

一方、安倍前総理は国会内で報道陣の取材に応じ、特捜部の聴取要請に関して「聞いていない」と話しました。(03日14:32)

 

 

これ『安倍前首相に任意聴取を要請、「桜を見る会」前夜祭めぐり特捜部』と題したJNN/TBS 2020年12月3日 (木) 15:10のニュースである。

 

 

政治史上これ程嘘ついた首相は他にいないと思う。国会の予算委員会での弁明とも言える答弁は見苦しいし、国民をバカにしてるとしか思えない。こんな首相が7年8カ月も続けられるとは日本の国もホント平和と言おうか、山口県の選挙民の姿勢が疑われるとしか言いようがない。本当に恥ずかしい限りである。公の私物化ほど恥ずかしいものは無く、低俗のそしりは免れないだろう! 今後も国会議員続けるつもりなのだろうか? そうなれば山口県の選挙民の常識が疑われると言える。

衆議院選広島3区に公明党が協力より自派議員の斉藤鉄夫副代表の擁立を決めたのは自民の岸田派の岸田文雄を政治的に信用してないからだ!

 自民党岸田派(宏池会)の岸田文雄会長が衆院広島3区の候補者調整で苦境に立っている。岸田氏ら多くの議員を輩出する広島で次期衆院選の公認候補を立てる算段だったが、公明党が斉藤鉄夫副代表の公認を決めたためだ。公明党側は岸田派議員への「選挙支援打ち切り」をちらつかせており、岸田氏はメンツと現実のはざまで頭を抱えている。

 

 「地元は公明に怒っている」。岸田氏は1日、自民党本部で二階俊博幹事長と面会してこう訴え、公明党への不信感をにじませた。二階氏は「しっかり連携していこう」と応じたという。岸田氏は山口泰明選対委員長とも面会。山口氏は記者団に「県連として(広島3区の候補となる)支部長を選ぶのは当然だ」と述べた。

 

 公明党は昨夏の参院選広島選挙区で当選した河井案里被告=公職選挙法違反の罪で公判中=と、広島3区選出の元法相で夫の克行被告=同=が関与したとされる買収事件を問題視。衆院選に向け「自民党不信が払拭されていない」などと斉藤氏擁立を正当化する。

 

 これに対し、岸田派には、公明党が太いパイプを持つ菅義偉首相の強い後押しで案里被告が擁立されたとの見方が強く、広島3区の候補者は自民党県連主導で決めるとの立場だ。ただ、公明党の意志は固く、支持母体の創価学会が岸田派議員らに「広島3区から手を引かないと次の衆院選では応援できない」などと個別に牽制しているとされる。

 岸田氏は公明党との調整に意欲を示すが、岸田派若手は「何も得られずに引き下がれば、将来の首相就任の目はなくなる」と危機感をあらわにした。(永原慎吾)

 

 

これ「公明に揺さぶられる岸田派 進むも退くも窮地 衆院広島3区」と題した産経新聞 2020/12/01 21:01の配信記事である。

 

 

この岸田派の岸田文雄会長、本当にトップの資質あるのかと公明でなくとも疑いたくなる。何故なら自民党総裁選への対応過程を見れば、本当に必死に自民党の総裁をやる気があるのか疑いたくなる行動と言える。トップと言うのは禅譲や推薦ではなく、自分で奪い取るもんではないのかと問いたい。岸田さんどうぞやって下さいと言うように待っているものではない筈である。今回の立候補状況を見れば、どうもそれを待っていたかのようなそぶりだったと私には見えた。それが元々宏池会の面々に共通した認識だったろうが、それこそ公家集団と言われる所以でもある。今頃目が覚めても遅いが、兎に角本当にやる気だったら今からでもまだ間に合うかもしれないが、持って生まれた性格や公家意識簡単には破れそうもないだろう。と言う事は、この人は宰相の目が無いと言う事になるから、もうやめた方が良いと進言したい

検察も動いている「桜を見る会」問題 我が日本の総理も韓国並みに逮捕か? いい気になり過ぎた安倍前首相!

 前政権が厳しい追及を受けていた「桜を見る会」問題が改めて浮上した。東京地検特捜部が安倍晋三前首相の事務所関係者らを任意で事情聴取。前日に開かれた夕食会の費用を安倍氏側が一部負担していた疑いも出ており、当時の首相答弁との矛盾もあらわになっている。野党は攻勢を強めており、後継の菅義偉首相の政権運営に対する打撃になる可能性もある。

 

 衆院本会議を終え、本館2階にある本会議場から安倍氏が姿を見せると、待ち構えていた報道陣が「説明責任は果たさないのですか」と詰め寄った。

 

 呼びかけに応じず階段を下りた安倍氏だったが、1階の廊下で突然足を止めた。「国会での説明と食い違う」との問いかけに、「私はもう国会で答弁させて頂いている」と反論。「告発を受けて、事務所として全面的に協力している。まだ途中の経過だから、いまの段階ではお話しすることは控えたい」。2往復、計1分強のやりとりだった。

 

 だが、その数時間後、安倍氏周辺は朝日新聞などの取材に対し、夕食会の費用を一部負担した事実を認めた。安倍氏の国会答弁や記者団への説明内容を覆すものだった。

 

 国費で開かれ、「各界において功績、功労のあった方々」(安倍氏)が招待されるはずの「桜を見る会」に、安倍氏の地元支援者が大勢出席していた問題は「税金の私物化」と批判を浴びた。その前日に東京都内のホテルで行われた夕食会にも矛先は向いていた。

 

 夕食会をめぐる論点は大きく二つ。一つ目は主催者に収入や支出があったのではないか、という点だ。首相の答弁などによると、夕食会は安倍氏の公設第1秘書が代表を務める政治団体安倍晋三後援会」が主催とされるが、すでに公表された2013~18年分の政治資金収支報告書には、記載がなかった。これが政治資金規正法違反(未記載)に当たると指摘されたが、安倍氏は昨年11月、記者団に「安倍事務所も、また後援会にも一切、入金、出金はない」と反論した。

 

 事務所職員が会場の受付で集金し、ホテル名義の領収書を手渡しし、集めた現金はそのままホテル側に渡した――。安倍氏はそうした手法を説明し、国会でも「収支報告書への記載は必要ない」と違法性を否定する答弁を続けた。

 

 もう一つは、夕食会の費用を安倍氏側が負担したのではないかという点だった。会場は「ホテルニューオータニ」(千代田区)と「ANAインターコンチネンタルホテル東京」(港区)の2カ所で、いずれも高級ホテルとして知られる。夕食会の会費は1人あたり5千円。オータニのホームページには立食形式でも「1万1千円から」(今年3月当時)と記載されており、野党は「会費が安すぎる」と主張していた。安倍氏側が差額を負担していれば有権者への寄付にあたり、公職選挙法違反だという指摘だった。

 

 安倍氏は19年の夕食会の参加者は「約800人」と説明。今年2月の衆院予算委員会では、参加者の大多数が会場のホテルの宿泊者だったとしたうえ、「ホテル側が設定した価格であり、価格以上のサービスが提供されたわけでは決してない」と主張した。3月の参院予算委では「事務所側が補塡(ほてん)したという事実も全くない」と言い切っている。野党は裏付けとなるホテル発行の明細書を示すよう求めたが、「発行は受けていない」と語った。

 

 安倍氏側からホテルに対して支払いがあったことを示す領収書をホテルが作成していた可能性があることが判明。安倍氏が首相として続けてきた答弁に疑義が生じた形だ。特捜部の捜査を受けた安倍氏周辺は24日、「国会という場で虚偽の答弁をしたのは事実だ」と打ち明けており、安倍氏の言葉の整合性が改めて問われる事態になった。(相原亮、大久保貴裕)

 

野党、参考人招致を要求

 野党側は新たに浮上した疑惑を足がかりに、前政権で一向に進まなかった事実の解明を迫る。立憲民主党枝野幸男代表は24日の党会合で「1年にわたって時の首相が国会でウソをつき続けたことが明らかになった。ご本人が国会で説明していただかなければならない」と号令をかけた。

 

 立憲の安住淳国会対策委員長は共産、国民民主、社民の野党3党と対応を確認したうえで、自民党森山裕国対委員長と会談。25日の衆院予算委員会安倍氏参考人として出席させるよう要求した。森山氏は「司法当局から正式な発表がない現時点で、出席を要請されても無理がある」と拒んだが、野党は安倍氏本人による説明を強く求めていく構えだ。

 

 菅政権は首相の交代を機に、桜を見る会の問題を「封印」しようとしていた。菅首相は9月の就任会見で「来年以降、桜を見る会は中止したい」と表明。その翌日、記者団から「中止した理由は何か」と問われても無言を貫いた。疑惑が報じられた24日も、加藤勝信官房長官は記者会見で「あくまでも報道がなされているだけの現状だ。従前の説明に何ら変わるところはない」と述べるにとどめた。

 

 ただ、菅首相は25日の衆参両院の予算委で、一問一答形式で厳しく問い詰められそうだ。野党は24日、この夕食会の問題を地検に告発した泉沢章弁護士を招き、緊急の合同ヒアリングを実施。泉沢氏は「報道が事実であれば」という前提で「差額分(の補塡(ほてん))は寄付行為にあたる。公職選挙法違反にあたるのも明らか」などと説明した。

 

 菅首相自身も、前政権の官房長官として「明細書の発行はなかったということだ」などと国会で答弁している。共産党小池晃書記局長は「菅氏の答弁が虚偽だった可能性が出てきている」とし、首相の責任も問う構えだ。立憲幹部は「官房長官が首相のこんなに大事な問題について知らないのか。『菅問題』にしないといけない」と話す。

 

 前政権から続く問題の再燃に、与党も揺れる。公明党山口那津男代表は記者団に「捜査との関係を考えるかもしれないが、説明責任を尽くす基本的な立場は安倍前首相の側にある」と述べた。自民の国対幹部は「予算委は大荒れになる。どうしたらいいのか」と、今後の国会運営に不安を漏らした。(小林豪、小泉浩樹)

 

 

これ『安倍氏の説明矛盾あらわ 領収書捜査で「桜」問題再浮上』と題した朝日デジタル2020年11月24日 22時30分の配信記事である。

 

 

歴代宰相に有るまじき行為と言え、こんな低俗な宰相居なかった。(恥ずかしい笑い)

思うに良く平気でウソ付けたもんだ‼ あっぱれと言いたいが、恥ずかしさ感じないのだろうか?

思えば予算委員会での答弁思い起こせば、他人事ながら穴があったら入りたいくらいだ!

総理まで上り詰め、7年8か月も権力を行使したんだ! もう議員辞めて下関に帰ったほうがと進言したい。

菅首相が「桜を見る会」前夜祭の問題で官房長官時代の答弁で「誠実に答弁してきた」としたのは詭弁だ!

 菅義偉首相は30日の参院本会議で、安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題を巡る官房長官時代の答弁について「これまでも誠実に答弁してきた。今後も誠実に答弁する」と述べた。

 

 首相は、立憲民主党古賀之士氏から過去の答弁の真偽と、閣僚の国会出席義務を定めた憲法63条との整合を問われ、「(63条は)国会において誠実に答弁する責任を負っていることを前提としている」との認識を示し、「誠実に答弁してきた」と強調。「桜を見る会」の招待者名簿の廃棄について廃棄簿への記載がない点を指摘されると「ルール上必要ではない」と反論した。

 

 国民民主党会派の芳賀道也氏は、今国会の首相の答弁で「お答えを差し控える」が目立つと指摘したが、首相は「例えば仮定の質問や人事に関する質問など政府としてお答えを控える必要がある場合もあるが、その場合でも理由をできる限り申し上げてきた」とかわした。安倍氏の国会招致については「国会においてお決めいただくこと」と繰り返した。

 

 旅行需要喚起策「GoToトラベル」の抜本的見直しについては、新型コロナウイルス感染症対策分科会が「事業が感染拡大の主要な要因であるとのエビデンス(証拠)は現在のところ存在しない」と提言したことを理由に言及を避け、「感染拡大地域への到着分の一時停止に加え、出発分についても利用を控えるよう呼び掛けることにした」と述べるにとどめた。【飼手勇介】

 

 

これ『菅首相「これまでも誠実に答弁してきた」 桜を見る会巡る質問に』と題した毎日新聞2020/11/30 19:40の配信記事である。

 

 

大体この問題の当事者である安倍前首相自身が「誠実に答弁してきた」と言えないのに部下がそれ以上誠実に答弁できないからである。こんなバカなことを質問する野党も、質問するんだったら、形式的な質問ではなくちゃんとした証しを示して追及しないと大多数の自民党に笑われるだけである。この問題ばかりでなく何をやるにしても与野党かなり程度が落ちたもんだ!

「桜を見る会」の前夜祭の疑惑の安倍首相にあの橋下さん辛口も言えないのは今後に備えた忖度か?

 番組では、安倍晋三前首相(66)の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍氏周辺がホテルに支払った費用総額の一部を同氏側が昨年までの5年間で910万円以上の費用を補填(ほてん)していたことを明らかにした問題を報じた。

 今回の問題に橋下氏は「僕は安倍政権の外交安全保障の功績は非常に大きいと思ってますし、金融緩和も経済的にも100点満点じゃないですけど一定の効果はあったと思います。大阪の大改革も安倍さんの協力を得て本当に大阪の改革は進みました。であるからこそ今回のこと本当に残念です」と指摘した。

 その上で「確かに秘書がやっていることを政治家が全部見切れてるわけじゃないんですが、今回の問題はホテルに確認すればすぐに分かることなんです」とし「国会の答弁の中でホテルは営業秘密だから書類出せないっていうんですが、本人であれば営業秘密の問題ないですから、安倍さん自身がホテルに確認して書類見せてもらえれば分かることで、どうも報道を見る限りではホテルは領収書を出しているっていう話だったじゃないですか」と明かした。

 その上で「このホテルへの確認を国家のリーダーがやらずに、国会答弁で秘書から補填はないと聞いたってだけであの答弁をしていたっていうのは本当に残念です」とし「これ事実だったら本当に残念なんだけど議員辞職もやむなしだと僕は思っています。国のリーダーなんですから、国会の答弁でホテルにひとつ確認すればわかったことなんで、安倍さんにはしっかり説明していただきたいと思いますが本当に残念です」と訴えていた。

 

 

これ『橋下徹氏、「桜を見る会」の補填疑惑で安倍元首相に「本当に残念なんだけど議員辞職もやむなしだと…」』と題した報知新聞社 2020/11/29 10:3の記事である。

 

 

議員辞職の勧告発言はパフォーマンスか?

橋下さんが人気があって支持される理由は忖度しない歯に衣無い辛口発言からと私は理解していたが、安倍前首相に対する上記の発言で無性に腹が立ち嫌いになってしまった。それまでの橋下さんは上下なく差別なくストレートに相手に話すのが信条だった筈なのに非常に残念である、と同時にやはり偉い事言う割にはと考えさせられる普通の人間だったと言う事だ! いや今までの橋下徹と言う人間は過去を考えればそれ以下だったともいえる。何故なら大阪府知事大阪市長としての首長経験の他に地域政党ながらも大阪維新の会を結党し代表になった男である。過去の発言に照らせば上記安倍前首相に対する発言は余りにも甘く橋下さんにしては考えられない甘言である。橋下さんは政治のプロである。であればこの「桜を見る会」の国会予算委員会での安倍前首相の応答発言聴いてる筈である。我々政治に素人な国民でも、安倍前首相の応答発言は酷過ぎるし、とても1国の宰相発言とは思えないと思う。そんな人間は政治屋(政治家とは思ってないし、そうは言いたくないから)どころか公費の私的利用であり、共産党的に言えば搾取であり犯罪に等しい。そんな人間に対する発言としては余りに橋下さんらしからぬ発言と思う。うがって考えれば今後、橋下さんも政治に再登板するための保守に対する忖度かと言いたい。この発言で逆に保守の左からのしっぺ返しは覚悟した方がと思う。残念であると同時に腹が立つ!!

独立行政法人大学入試センターが赤字だと!!

 来年1月から始まる大学入学共通テストの実務を担う独立行政法人大学入試センター(東京都目黒区)が来年度以降、年間約5億円の赤字を試算していることが関係者への取材で分かった。18歳人口の減少による受験者減が理由。50万人以上が受験し、約9割の大学が利用する共通試験の運営基盤が揺らぐ事態になれば、将来的な検定料の値上げにつながりかねない。

 

 センターの収入(国の補助金を除く)は、志願者の検定料(3教科以上は1万8千円、2教科以下は1万2千円)が全体の約9割、利用大学が払う成績提供手数料が1割近くを占める。国からの運営費交付金(2010年度は約8千万円)は、民主党政権時代の「事業仕分け」により11年度から廃止され自己収入が大半だ。昨年度の経常収益は、大学入試改革のための国の補助金を含めると約130億円で、作問や印刷などの経常費用を引いた総利益は約4億5千万円だった。

 

 志願者数は2018年1月実施の大学入試センター試験の約58万人を境に減少し続け、今年10月8日に締め切った来年1月の共通テストの志願者数は約54万人(今年10月14日現在)と前年比約2万人減だった。関係者によると、これに伴い志願者から支払われた検定料は、昨年より4億円近く減ったという。

 

これ「大学入試センター、来年度5億円赤字見込み 受験者減で」と題した朝日デジタル11/28(土) 5:00の配信記事である。

 

 これは独立行政法人と言う形態を理解しないと説明できない話である。

これは私的感想ではあるが、非常に不安定で国の面倒な行政事務を肩代わりさせられ、しかも国から資金の調達も受けられないと言う本当に不利な法の上の人、法人なのである。当時これら法人作る時良く納得して作ったナと言うのが正直な感想である。出資が半分国で後は民間の半民半官企業よりもまだ酷い企業と言える。何故なら国の施策によっては消えたり転換せざる運命にあるからだ。思うに何か姑息な役人たちが、政治屋(政治家とは思っていないからこう呼ぶ)でありながら政治に無知で疎い所がある政治屋たちの間隙を突いて作った行政法人ではないのかと思うからである。それは面倒臭い行政事務を役人がやりたくなくて政治屋を騙して作った組織と思うし、あわよくば天下り先にも使えるからである。現にこのセンターの理事長や理事の人選を見れば、殆どが退官した大学教授や文部科学省の退官役人だからである。役所役人が主導して作った組織としては、将来の少子高齢社会が到来し受験者減と予想はしたのだろうが、当時の役人たちには自分らが良ければ、つまりのど元過ぎればの感しかなかったのだろうと思われる。やはり役人の考えだ!

 話を戻せば、赤字を解消するには何の事ない、当時作った手法を真似れば済む事と理解したい。つまりセンターの規模を縮小して経費を落とす事をするしかないという事であり、繁忙時には外に外注する方法しかないという事だ。セキュリティ上の問題も含めながら小学校の算数の差し引き計算をする、それが民間では当たり前の手法である。

収入金額-支出金額≧0 これが当り前の計算式である。

安倍前首相の「桜を見る会」前夜祭の疑惑に目をつむる菅首相、そうしなければそれを主導した事の自己否定に繋がるからだ!

 安倍晋三前首相の後援会が開催した「桜を見る会」前夜祭をめぐり、菅義偉首相は25日の衆参両院予算委員会で、野党の激しい追及にさらされた。会費を安倍氏側が補填(ほてん)していたことが判明し、こうした行為を否定した自身の過去の答弁に対する責任に言及。ただ、疑惑解明には一貫して消極的で、前政権の「負の遺産」にふたをする姿勢もにじんだ。

 

 「国会審議が愚弄(ぐろう)された」。衆院予算委で、野党のトップバッターとして質問に立った立憲民主党枝野幸男代表はこう憤った。

 

 安倍氏は首相当時、前夜祭について安倍事務所は直接関与せず、参加者の会費を会場となったホテル側にそのまま渡し、補填もしていないと断言。官房長官だった菅氏も国会で「夕食会費用は会場入り口で安倍事務所職員が1人5000円を集金し、全ての現金をその場でホテル側に渡す形で支払いがなされた」と安倍氏の説明をなぞっていた。

 

 一方、告発状提出を受けた東京地検特捜部が「桜」に関する捜査を開始。安倍氏側が補填を認めている事実も判明した。立憲の大西健介氏は予算委で菅首相の答弁を「虚偽」と厳しく批判し、安倍氏についてもうその証言をすれば偽証罪に問われる証人喚問を要求した。

 

 首相は自身の答弁に関し、「安倍氏に確認し答弁してきた」と弁明したが、問い詰められると「答弁した責任はある」と渋々認めた。だが、証人喚問を含む国会招致については「国会で決めていただきたい」として応じずじまい。野党議員が繰り返し「菅首相の責任で真相解明の必要がある」と訴えても「捜査中」を連発して拒否し続けた。

 

 「桜」疑惑が今後もくすぶり続ければ政権運営に影響しかねないとの警戒があるとみられる。ただ、野党は捜査の行方をにらみつつ、来年1月召集の通常国会でも追及を継続する方針。疑惑が「風化」するかは見通せない。

 

 立憲の安住淳国対委員長は党会合で「有権者に差額分を補填したから、明らかに(寄付行為を禁じた)公職選挙法違反だ」と指摘。「来年の通常国会まで徹底的にやらせてもらう」と宣言した。

 

 安倍氏はこの日、自民党議員が開いた経済政策に関する会合であいさつしたが、疑惑には言及しなかった。自民党中谷元・元防衛相は会合で、「動かぬ証拠が出てきた。はぐらかすよりわびるところはわびて国民の信頼を取り返さないといけない」と指摘した。

 

 

これ『桜解明に後ろ向き=菅首相、にじむ「負の遺産」にふた』と題した時事ドットコム 2020/11/26 07:06の配信記事である。

 

 

とにかくこれだけ国民に嘘をついた歴代の首相は他に居ない!

小事でも認めて詫びれば済んだものもかなりある。それを完ぺきな聖人君子ぶったために、嘘に嘘を重ね、結果霞が関の役人・官僚までそれを及ぼし、平気な顔でしかも薄笑いまで浮かべてうやむやにして逃げ切ってしまった。この代償は日本国にとってかなりの損失となってしまった。その証は霞が関の役人・官僚の途中辞職となって表れ、しかも官僚達の日本国は自分たちが背負ってるとの自負心までも打ち砕き、戦後のつきたい職業№1の役人と言う職業さえ奪った責任は重大であり、戦後の稀代なる長期の政権宰相として驚愕最低の宰相として史上に名を留めるであろう。国民に人気のあった父親故安倍晋太郎元外相の顔に泥を塗ったに等しい所業と言えよう。